当院で検査可能なコンタクトレンズ
緑内障情報連絡カード
問診表
待ち時間
医療法人みやた眼科

医療法人みやた眼科
〒733-0842
広島県広島市西区井口4-2-34
TEL:082-276-1166
FAX:082-276-1345

TEL:082-276-1166
千田町夜間急病センター
救急医療Net HIROSHIMA
パン屋レトワールフリヨン

先進医療

多焦点眼内レンズによる白内障手術

白内障手術では、もともと眼の中にある濁った水晶体を取り出し、その代わりに人工のレンズ(眼内レンズ)を入れます。

眼内レンズは単焦点レンズが主流です。単焦点レンズとは、ピントが一カ所にしか合わないレンズで、遠くが見えるように度数を設定すれば近くは見えず、近くが見えるように設定すれば遠くは見えません。

そのため、大抵の場合には手術後にメガネを必要としていました。

しかし近年、遠近両用の多焦点眼内レンズというものが発売されました。多焦点眼内レンズを使用すれば、多くの場合、メガネを使用することなく遠くも近くも見ることが出来ます。

手術費用 片眼:\360,000(手術前後の診療等は保険診療となります)

使用している遠近両用の眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)の一部

アルコン アクリソフ IQレストア

遠近両用タイプ

SN6AD1/SN6AD3/MN6AD1

アクリソフ IQレストア トーリック

乱視入り遠近両用タイプ

SND1T3/SND1T4/SND1T5/SND1T6

AMO テクニスマルチフォーカル

遠近両用タイプ

ZM900/ZMB00/ZKB00/ZLB00

前眼部三次元画像解析

ペンタカムHRは多機能型前眼部解析測定装置です。

3次元的に眼球の前方部分を画像解析することによって、レーシックなどの屈折矯正手術や白内障手術などに効率よく利用できます。

*前眼部の3D断面図 前房隅角・深度・容積/3D表示*角膜形状解析等

先進医療認可施設です

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術、およびペンタカムによる前眼部三次元画像解析が、みやた眼科で先進医療の適応となりました。先進医療の施設基準を満たしている施設では、費用の一部で保険が適応されます。
気になる方は当院までお問い合わせ下さい。

先進医療名

『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』

『前眼部三次元画像解析』

>>詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください

ページの先頭へ戻る