当院で検査可能なコンタクトレンズ
緑内障情報連絡カード
問診表
待ち時間
医療法人みやた眼科

医療法人みやた眼科
〒733-0842
広島県広島市西区井口4-2-34
TEL:082-276-1166
FAX:082-276-1345

TEL:082-276-1166
千田町夜間急病センター
救急医療Net HIROSHIMA
パン屋レトワールフリヨン

乱視

乱視という言葉は、非常になじみのある言葉で、視力に関係するものということは皆さんご存じのようです。

患者さんに『乱視がありますね』とお話しすると、『えっ!本当ですか?』と、とても驚かれる方も居られるし、『そうなんです』と、得々と自分の視力の悪さを説明される方も居られます。でも乱視は、視力を測定すれば大抵皆持っているもので、本当は乱視のない人の方が珍しいくらいなのです。

要は、その乱視が視力に影響する程の乱視かどうかということなのです。さて、このなじみのある『乱視』について、皆さんはどこまでご存じですか?

「乱視」とは

目に入ってきた光は、フィルムに当たる網膜に到達するまでに、角膜と水晶体を通り抜けますが、この時に網膜で焦点が合うように屈折されます。この角膜と水晶体の球面形に、ほんのわずかな歪みがあると光の屈折が微妙にずれるためにピントの合い方が悪くなります。この角膜と水晶体の歪みのことを「乱視」と呼びます。角膜の歪みを「角膜乱視」、水晶体の歪みを「水晶体乱視」と呼びます。

一般的に水晶体乱視は頻度も程度もそれほど多いものではないので、普通「乱視」といえば、角膜乱視のことを指します。いったん乱視になっても、その乱視が一生そのままではありません。乱視は年齢とともに変化するものなのです。

その理由は、角膜は眼球の形の影響を受けますから、若い時に乱視がなくても、長年のまぶたからの圧迫や、眼球をキョロキョロ動かす筋肉の張力によって眼球の形がわずかに変化して、角膜乱視が発生するとも言われています。また若い時に乱視があってもこの眼球の変化で丁度良く乱視がなくなる場合もあります。

「病的な乱視」普通の乱視は、生まれつきの乱視や、それに年齢的な変化が加わった乱視で、これらは、眼鏡に少し乱視のレンズを加えることで十分な視力を得ることが出来ます。しかし、時に「病的な乱視」もあります。病気によって引き起こされている乱視や、眼鏡では矯正しきれない程の強い乱視です。病的乱視を引き起こすものとして、

  • 円錐角膜(角膜が前方に突出してくる病気)
  • 翼状片(鼻側の白目が黒目に入ってくる病気)
  • 目の手術後、目のケガの後遺症、などです。

また、成人病として有名な「白内障」は水晶体乱視の原因の一つです。これら原因がはっきりしている時は、その原因治療ができれば乱視を治すことが出来ることになります。
例えば、白内障によって、強い水晶体乱視が発生しているときは、白内障の手術をすることで治せます。また、白内障手術が原因で強い角膜乱視になっている人がいます。これは、白内障手術の傷口の治りの悪い人に起こりやすく、乱視矯正角膜切開術(後述)という手術によって乱視を治すことができます。

「正乱視」と「不正乱視」

基本的に、角膜や水晶体の表面が理想的な球面形をしていれば、歪みがないわけで、乱視がないことになります。乱視は、この球面形に歪みがある場合です。歪みといってもいろいろな歪み方がありますが、球面をある一方向からつぶしたような形(ラグビーボール型)に歪んでいる乱視を「正乱視」といい、球面形が不正デコボコになっている歪みを「不正乱視」といいます。一般的には「正乱視」がほとんどで、「不正乱視」は、先に述べた病的な原因によって引き起こされる場合がほとんどです。正乱視は、それが角膜乱視であっても水晶体乱視であっても、眼鏡に乱視を入れることで視力を矯正することができます。一方、不正乱視は眼鏡では矯正できません。角膜の不正乱視は、ハードコンタクトレンズ(後述)でなら矯正できます。水晶体の不正乱視は良い矯正方法がありません。

乱視を測る装置

みやた眼科にある乱視を測ることができる装置

  • トプコン社「レフトポ」
  • ニデック社「トノレフ2」
  • ツァイス社「IOLマスター」
  • トプコン社「ウェーブフロント」
  • オクルス社「ペンタカムHR」

これらの機器のデータを照合して、あなたの乱視の種類が解ります。みやた眼科では、視力測定の時やコンタクトレンズを合わせるときはもちろんですが、白内障手術の時にも手術前からある乱視を減らすために、これらの装置を利用して手術方法を決めています。場合によっては、白内障手術と乱視を治す手術を同時に行っています。

乱視の矯正方法

乱視が視力に影響している場合、乱視を矯正する必要があります。一般的な方法は眼鏡に乱視のレンズを入れる方法です。レンズに乱視を入れたからといっても外見上普通の眼鏡となんら変わりはありません。ただし、眼鏡に入れられる乱視の量には限界はあります。あまり強い乱視のレンズは、それをかけた時に地面が歪んで(傾いて)見えてしまいます。眼鏡で補えないくらいの強い乱視に対しては、コンタクトレンズを利用するか、手術をして乱視を治すかのどちらかでしょう。乱視に利用できるコンタクトレンズはハードコンタクトレンズが一般的です。ソフトコンタクトレンズはやわらかい素材であるため、角膜の歪みをそのまま再現してしまうからです。しかし現在では、乱視入りのソフトコンタクトレンズも多く登場してきていますので乱視のタイプによっては矯正が可能です。

乱視を治す手術

LRI(Limbal Relaxing Incision:角膜輪部減張切開術)
角膜の縁(黒目白目の中間くらい)に100分の1ミリの精度で角膜の厚さの90%程度の切り目を入れます。これによって角膜の歪みを補正する事ができます。角膜のどの位置に、どれくらいの深さ、どれくらいの長さの切り目を入れるかは、乱視の量や方向によって決まります。このために上で述べた角膜曲率解析装置が用いられます。全ての乱視が対象となるわけではありませんが、白内障手術時や手術後に残った乱視に対して行うことがあります。

乱視入り眼内レンズを用いた白内障手術
白内障手術で眼内に移植される眼内レンズに乱視度数を持ったレンズ(トーリック眼内レンズ)が開発されました。このトーリック眼内レンズを白内障手術の際に用いると角膜乱視がある患者さんも良好な視力を得ることができます。

LASIK(レーシック)
LASIK手術は普通、近視を治すために行われている角膜を削る手術ですが、この手技で乱視を治すことができます。健康保険が適応されない自費診療でやや高額です。病的な乱視は治療できないことがありますので、注意が必要です。

他の診療内容を見る
ページの先頭へ戻る