眼科・手術
TEL:082-276-1166
井口五日市・医療法人みやた眼科

医療法人みやた眼科
〒733-0842
広島県広島市西区井口4-2-34
TEL:082-276-1166
FAX:082-276-1345

問診表
日本アルコン社サイト
千田町夜間急病センター
救急医療Net HIROSHIMA
五日市コンタクトレンズ一覧・眼科
緑内障情報連絡カード

2020年4月より保険外併用療養費制度内の「選定療養」という枠組みで多焦点眼内レンズを用いた白内障手術がおこなえるようになりました。「選定療養」は、追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療を併せて受けることができる制度です。

今までの「先進医療」という制度では、多焦点眼内レンズの費用以外の部分である、白内障の手術自体も保険適応外となり、全額自費(もしくは、先進医療特約保険に入られている方は保険会社から給付)となっていました。「選定療養」では白内障手術自体は通常の単焦点眼内レンズと変わらず保険適応へ。多焦点眼内レンズを選択することで増える費用についてのみ、自費で追加費用をお支払いいただくことで手術を受けられるようになりました。

通常レンズと多焦点レンズの代金の差額+多焦点レンズを使用するにあたって追加される手術前後の追加の検査代金

■単焦点眼内レンズ・・通常使用される保険適応のレンズで、遠方・近方の一方へ焦点を合わせるため眼鏡が必要となることが多い

■多焦点眼内レンズ・・その多焦点機構により遠方・近方ともに視力回復が可能で、眼鏡依存率が低減される

選定療養のイメージ

*患者より徴収する追加料金は地方厚生局へ報告しています。

1.医療機関内での掲示

院内の見やすい場所(待合等)に、内容と費用等について掲示する。

2.患者の同意

事前に治療内容や負担金額等を患者に説明をして同意を得る。

3.領収書の発行

選定療養を受けた際の各費用の領収書を発行する。

3焦点眼内レンズ

保険外併用療養費

〇保険診療との併用が認められている療養

  1. 評価療養(先進医療/保険導入のための評価)
  2. 患者申出療養(保険導入のための評価)
  3. 選定療養(保険導入を前提としない)

評価療養・・今まで多焦点眼内レンズも対象であった先進医療(医療技術)や医薬品等の治験(医薬品医療機器に係るもの)に係る診療

選定療養の例:差額ベット・予約診療・歯科の金合金等(快適性・利便性)、200床以上の病院の再診(医療機関の選択)、制限回数を超える医療行為・180日を超える入院(医療行為等の選択)

 患者は通常の医療サービスと同様の一部負担金と、特別な医療サービスに係る上乗せ料金を負担することとなります。

 多焦点眼内レンズによる白内障手術は評価療養(先進医療)枠から選定療養枠へ変更されました。(2020年4月~)