風邪様症状のある受診希望者へ

咳や発熱などの風邪様症状がある方が来院される際は、事前に電話連絡をいただきますようお願い申し上げます。他の患者様との接触がないように考慮します。また、全ての患者様にマスク着用での受診をお願いしております。

広島市眼科|西区井口佐伯区五日市エリア|多焦点眼内レンズ取扱・日帰り手術|白内障・緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・コンタクトレンズ

眼科・手術
TEL:082-276-1166
選定療養_多焦点眼内レンズ
井口五日市・医療法人みやた眼科

医療法人みやた眼科
〒733-0842
広島県広島市西区井口4-2-34
TEL:082-276-1166
FAX:082-276-1345

問診表
日本アルコン社サイト
千田町夜間急病センター
救急医療Net HIROSHIMA
五日市コンタクトレンズ一覧・眼科
緑内障情報連絡カード

選定療養

多焦点眼内レンズによる白内障手術

白内障手術では、多くは加齢によって濁ってしまった水晶体(もともと目の中にあるレンズ)を取り出し、その代わりに人工のレンズ(眼内レンズ)を入れます。眼内レンズは単焦点レンズが主流です。単焦点レンズとは、ピントが一カ所にしか合わないレンズで、遠くが見えるように度数を設定すれば近くは見えず、近くが見えるように設定すれば遠くは見えません。そのため、大抵の場合には手術後にメガネを必要としていました。

近年では、遠近両用の多焦点眼内レンズが登場したことで、多くの方が遠方・(中間)・近方をみる時の、メガネへの依存度を低減させることが可能となりました。

■単焦点眼内レンズ

通常使用される保険適応のレンズで、遠方・近方の一方へ焦点を合わせるため眼鏡が必要となることが多い

■多焦点眼内レンズ

その多焦点機構により遠方・(中間)・近方ともに視力回復が可能で、眼鏡依存率が低減される


〈適している方〉

多焦点レンズは全ての方に使用できるわけではありませんが、老眼鏡のかけ外しが煩わしいと感じている方や、メガネをかける機会を出来る限り減らしたいと考えている方に向いていると思われます。

〈適していない方〉

逆にカメラマン・デザイン関係・歯科医・精密作業をする仕事等、見え方の質にこだわりが必要な方は単焦点レンズの方が向いているといえます。また術後にメガネをかけることに特に抵抗がない方も単焦点レンズが良いでしょう。

多焦点レンズでも、より細かい文字を見る時や長時間の近方作業時等、限られた場面においては老眼鏡を必要とする可能性もあります。

先進医療から選定療養へ

2020年4月より保険外併用療養費制度内の「選定療養」という枠組みで多焦点眼内レンズを用いた白内障手術がおこなえるようになりました。「選定療養」は、追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療を併せて受けることができる制度です。

今までの「先進医療」という制度では、多焦点眼内レンズの費用以外の部分である、白内障の手術自体も保険適応外となり、全額自費(もしくは、先進医療特約保険に入られている方は保険会社から給付)となっていました。「選定療養」では白内障手術自体は通常の単焦点眼内レンズと変わらず保険適応となり、多焦点眼内レンズを選択することで増える費用についてのみ、自費で追加費用をお支払いいただくことで手術を受けられるようになりました。

通常レンズと多焦点レンズの代金の差額+多焦点レンズを使用するにあたって追加される手術前後の追加の検査代金

選定療養のイメージ

選定療養対象眼内レンズ

厚生局報告済国内承認済多焦点眼内レンズ(2020.11.1時点)

アルコン社

アクリソフ®IQパンオプテイクス®(3焦点)

 AcrySof® IQ PanOptix® Trifocal*1

アクリソフ®IQパンオプティクス®トリフォーカル(乱視入り3焦点)

 AcrySof® IQ PanOptix® Trifocal トーリック*2

長い間2焦点タイプが多かった多焦点眼内レンズですが、中間視力の落ち込みが欠点でした。そこを補う3焦点眼内レンズが登場し、多くの方が遠方~中間~近方まで良好な術後視力を得られています。

中間視力が必要な場面:パソコン、食事、家事、話し相手の顔をみる、カーナビ


ジョンソン・エンド・ジョンソン

○テクニス シナジー®(2焦点+焦点深度拡張型)

 Tecnis Synergy®*6

○テクニス シナジー®トーリック(乱視入り2焦点+焦点深度拡張型)

 Tecnis Synergy®ToricⅡ*7

○テクニス®マルチフォーカルワンピース(2焦点)

 Tecnis®Multifocal 1piece*3

○テクニス®シンフォニー(焦点深度拡張型)

 Tecnis Symfony®OptiBlue®*4

○テクニス®シンフォニートーリック(乱視入り焦点深度拡張型)

 Tecnis Symfony® ToricⅡOptiBlue®*5

(上記対象7製品は全て回折型の多焦点眼内レンズです。)

[医療機器承認番号]

*1)23100BZX00042000 *2)3100BZX00043000 *3)22300BZX00277000 *4)22900BZX00005000 *5)22900BZX00360000  *6)30200BZX00055000  *7)30200BZX00139000

3焦点眼内レンズ

本治療適応の除外基準

  • 術後視機能に影響を与える角膜疾患、ドライアイ、緑内障、ぶどう膜炎、網膜疾患、視神経疾患などの眼合併症を有するもの
  • 弱視
  • Zinn小帯脆弱
  • 重度の小瞳孔
  • 白内障を有しない症例における、屈折矯正を目的としたrefractive lens exchange は本療養の対象とならない
  • その他、医師が非適応と判断したもの
 *日本眼科学会指針より抜粋

デメリット

  • コントラスト感度の低下
  物の色の濃淡判別に係るコントラストが単焦点レンズにやや劣ります。

  • ハロー、グレア、Waxyvision(モワッとした見えづらさ)、スターバースト
  街灯や車のヘッドライトなどの光が伸びてひろがったり輪がかかってみえること。

  • 夜間視力の低下

これらの症状は多焦点眼内レンズ特有の回折構造に関連しています。例えば2焦点レンズではレンズを通る光のうち半分弱が遠方用に、半分弱が近方用に振り分けられますが、残りの十数%の光は失っています。入ってきたすべての光を利用して遠くや近くを見る単焦点眼内レンズと比べコントラストは落ちますし、失われた光による不規則な反射もあり、夜の街灯は広がって見えることも多いです。

これらの症状を自覚して不自由に感じるかは人それぞれであり、手術前に白内障が原因で、もっとコントラストが低下していたり、もっと光がひろがって見えていた方からすれば症状は感じにくいと思われます。はじめは症状を感じていても次第に慣れていくことが多いです。

保険外併用療養費

〇保険診療との併用が認められている療養

  1. 評価療養(先進医療/保険導入のための評価)
  2. 患者申出療養(保険導入のための評価)
  3. 選定療養(保険導入を前提としない)

評価療養・・今まで多焦点眼内レンズも対象であった先進医療(医療技術)や医薬品等の治験(医薬品医療機器に係るもの)に係る診療

選定療養の例:差額ベット・予約診療・歯科の金合金等(快適性・利便性)、200床以上の病院の再診(医療機関の選択)、制限回数を超える医療行為・180日を超える入院(医療行為等の選択)

 患者は通常の医療サービスと同様の一部負担金と、特別な医療サービスに係る上乗せ料金を負担することとなります。

 多焦点眼内レンズによる白内障手術は評価療養(先進医療)枠から選定療養枠へ変更されました。(2020年4月~)

その他、厚生労働省により定められている事項

1.医療機関内での掲示

院内の見やすい場所(待合等)に、内容と費用等について掲示する。

2.患者の同意

事前に治療内容や負担金額等を患者に説明をして同意を得る。

3.領収書の発行

選定療養を受けた際の各費用の領収書を発行する。

*患者より徴収する追加料金は地方厚生局へ報告しています。